浴衣に似合う艶メイク♪

最近の浴衣は個性的な柄や、ちょっと変わった色のものなど、様々な浴衣が売り出されていますね。

でも、そういった浴衣に合わせたメイクってなかなか難しいものなんですよね。

個性的な浴衣には、あまり可愛すぎるメイクはちょっと若作りな印象に見えてしまい、少し派手にしようとするとケバくなったり、ふけた印象になってしまいます。

まず、チークはピンクにベージュを足したような少し濃い色が、こういった浴衣にはグッドなようです。

アイシャドウ同様にチークの色も少し違うだけで大分印象が変わりますよ。

普段ピンクやオレンジなど、可愛らしい色を使っている方も、ベージュを混ぜる事で大人顔にチェンジです。

ハイライトはお馴染みのTゾーンと顎の下にいれますが目の下の三角形のポイントにもハイライトを。

このポイントにハイライトがのると、女優さんの様なゴージャスなオーラがでてくるんですって。このポイントは大事ですね。

ハイライトが顔の様々なポイントにのる事で、顔に凹凸を出すだけではなく、肌の透明度も上がり凛としたしっとり大人系の印象がだせます。

くちびるにはあまり濃い色をだしてしまうと、一昔前の様な古いメイクに仕上がってしまうので要注意。

口紅はナチュラルカラーで仕上げて、落ち着いたベージュ系のグロスをのせると決して派手さはないけど、落ち着いたツヤ感のあるくちびるの完成です。

全体的に豪華に見せるのではなく、さりげないお洒落が浴衣美人への成功の鍵ですね。

今年は大人系なメイクでカッコいいオンナになれる浴衣を、見事に着こなしてこの夏のヒロインになっちゃいましょう!

浴衣でおでかけしてみよう♪

浴衣にピッタリなメイクのコツ♪

女性だったら夏に一度は浴衣を着て遊びに行きたいものですよね。

浴衣を着る時はやっぱり雰囲気も変えてみたい」って思いませんか?

しかし浴衣などは普段着ないものだから、どういうメイクにすればいいの分からない、なんて女性も多いのではないでしょうか?

着物や浴衣のメイクというととかく「マットに」と思いがちですが、マット過ぎる肌は圧塗り感の原因になりかねません。

軽さが欲しい浴衣の場合、適度なつや感は必要です。

目と口どちらもばっちりメイクじゃ重過ぎますよね。

浴衣の軽さにはどこかのパーツで力をぬいたバランスメイクが似合います。

浴衣美人の凛とした印象を作るのは、やはり切れ長の瞳。

浴衣には顔にメリハリを出すリキッドアイラインがぴったり。まつげはカールさせず、目尻にたっぷりマスカラをつけましょう。

浴衣のメイクはアイシャドウで華やかさをだそうとすると、ケバくなってしまう事もよくありがち。

ブラウン系のアイシャドウでここはあえてナチュラル仕上げ。

目の際を濃い目にグラデーションを作ると、目に深い印象がでます。

口紅はピンク・ベージュなどのなじみ色が無難。

オレンジ系色は、上手く使わないと老けて見えてしまうので注意が必要。
プラスグロスでニュアンスを持たせてもOK。

浴衣の色によってはレッドorローズ系の濃色で華やかにするのもありですね。

浴衣でお出かけしてみよう♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。