浴衣は和服の一種です。

安土桃山時代頃から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせるための
「湯帷子」(ゆかたびら)という衣類がひろく用いられるようになり、
これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となったそうです。「浴衣」の名は「湯帷子」(ゆかたびら)の略です。

通常は、木綿地の単着物で、和服のなかでも最も簡便かつ単純な構造です。(このためある時期まで家庭科の授業では浴衣を縫うことが多かったようです)

着用の場合には、素肌の上に直接着るか、もしくは用いても和装用スリップや肌襦袢程度であり、生地が薄く、開放的で風通しがよいことから、もっぱら夏場や湯上り、あるいは寝巻きとしての用途が主でした。

現代の日本の生活で浴衣が用いられるのは、
主に花火・縁日・盆踊りなどの夏の行事で、着ているのは大半が若い女性ですね。でも男性の浴衣姿もカッコいいですよね。

温泉街は浴衣を着て下駄を履くのが雰囲気を出すのに重要として、浴衣着用を前提としたまちづくりをしてあるところもあるようです。

また日本独特の風習として、旅館やホテルに寝巻きの代わりとして客用の浴衣が用意してある場合が多いですね。

わたしも高校生の頃、家庭科で浴衣を縫ったことがあります。というか未完成のままで母にバトンタッチしましたが・・・・。

浴衣でおでかけしてみよう♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。